リボ払い 借金返済

クレジットカードリボ払いの借金地獄は債務整理で解決!

クレジットカードにはリボ払い枠と言うものがあります。これはどういったものかと言うと、どれだけ高額の商品をクレジットカードで購入しても、1ヶ月に請求される金額を一定に出来る支払い方法の一つです。

 

一見すると、今手元にお金がないのに、高額の商品を購入する事ができるのでとても便利な機能のように思いますが、リボ払いは実質上キャッシングやカードローンのように、金利を付けてお金を借りる事と同様なので、知らない内に残高が膨れ上がってしまい、気付いたら借金地獄になってしまっているような事も少なくはありません。

 

また、クレジットカードの会社によっては最初からリボ払いの機能に設定したままの場合があるため、クレジットカードを持ち慣れていない人が、初めて使用すると、リボ払いの機能を知らず知らずのうちに使ってしまい、使用総額がとんでもない高額になり借金も相当な金額に膨れ上がってしまう場合も少なくありません。

 

しかし借金が出来てしまった場合でも、リボ払いの特性や国が認めた特別な返済方法を使用する事で、返済がある程度容易になる場合があります。

 

そこで当サイトでは、出来るだけ早く簡単に、リボ払いで出来た借金を返済をする為の方法をご紹介したいと思います。

 

リボ払いが借金地獄になりやすい理由


リボ払いで借金ができやすいのは、残高が減りにくい仕組みになっている為です。
例えば30万円の買い物をしたとしましょう。
この場合30万円を一括で支払う場合、残高は0円になります。残高は0円なので利息はかかりません。
そして、リボ払いで10万円を支払う場合は、残高は20万円になり、この20万円に利息がかかってきます。
リボ払いで月3万円を支払う場合は、残高は27万円になり、この27万円に利息がかかってきます。

 

つまり、残高が多ければ多いほど、利息も高くなります。
基本的に借りたお金は早く返せば返す程、利息が少なくてすむようになっています。ところがリボ払いは、借りたお金をゆっくり返済させるようにも見える仕組みになっているので、利息が増えやすいのです。

 

なのでリボ払いの借金を早く返済する方法とは、残高をいかにして早く減らすかと言う事がポイントになります。

 

クレジットカードリボ払いの借金を早く返済する方法

繰り上げ返済を行う

まずは繰り上げ返済を行う事です。少しでもまとまったお金があれば返済に当ててしまうのです。残高を出来るだけ減らしてしまえば、その分利息は大きく減ります。すると将来支払うお金が、かなり減る場合もあります。

 

返済額を増やす

毎月の返済額が1万なら、2万3万にしてみるなど、返済額を少しでも増やす事で、残高を早く減らすことができます。
先に必要な分を支払ってしまった方が、お金のやりくりは上手くいきやすいです。
そのため返済額を先に増やしてしまうのは有効です。

 

誰かに借りてでも残高を減らす。

誰かに借りてでも残高を減らす。これも有効です。
先に支払いを済ませてしまう事で、これから支払うはずだった利息を支払わずにすみます。
もちろん、対人関係が悪くなるお金の貸し借りは駄目です。

 

国が認めた借金の救済措置 債務整理(さいむせいり)をする

 

すでにリボ払いの残高が膨れ上がってしまっていて、返せる目処すら立たない…
それなら債務整理(さいむせいり)がおすすめです。

 

債務整理とは借金をしてしまった人に対する、社会復帰の為の国が認めた救済措置のような制度です。債務整理をすれば、借金を帳消し、もしくは減額したり利息をストップさせる事ができるので、借金返済が楽になり、一気に借金地獄から脱出できる可能性もあります。基本的には、弁護士にお願いすることになります。

 

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがあります。

 

債務整理のメリット・デメリットは以下の通りです↓

債務整理のメリット
・借金を帳消し、もしくは減額、これから支払う利息分をストップ出来る。
・これから支払う分の利息をストップさせる事ができ、今ある残高を利息なしでゆっくり返済することができる。(この為、債務整理は早ければ早いほうが良いと言われます。)
・弁護士や借入先と相談し、今後の支払い方法などを相談する事ができる。

債務整理のデメリット
・5年間は消費者金融などから借入が出来なくなる(自己破産、個人再生は7〜10年)
・自己破産(借金の帳消し)を選んだ場合は、20万円以上の家財が処分される。(任意整理を選んだ場合は家財の処分はありません。)
・自己破産、個人再生の場合は国の広報誌である官報に名前が載る。(一般の方が見る機会は少ないと思います。)
・自己破産の場合は、警備員、保険の外交員など一部就けない職業がある。

 

債務整理は借金をした方への救済措置なので、債務整理をした後でも社会復帰は容易に出来るようになっています。
働けなくなるなどのペナルティは全くないので、その点は心配せずともいいでしょう。

 

リボ払いの債務整理なら、まずはここで無料診断がお勧め

もしクレジットカードのリボ払いで借金地獄になり、債務整理で借金問題を解決したいなら、
こちらで無料診断を受けてみる事をお勧めします↓

 

 

>>『あなたの借金はどこまで減らせる?』匿名OKの無料相談はこちら

 

こちらの街角法律相談所の無料シミュレーターを使用すれば、30秒程度の入力で、自分の借金がどこまで減らせるか調べる事が出来ます。人によっては、利息を0円ににできたり(任意整理)、1000万円以上あった借金を0円に出来る場合(自己破産)もあります。

 

ネットで手軽に借金の減額が調べられるので、最近利用者が徐々に増え、解決実績が15000人以上にもなります。

 

そして街角法律相談所の無料シミュレーターでは、どれだけ自分の借金が減額出来るのか調べた後に、自分にピッタリの弁護士を紹介してくれます。

 

街角法律相談所の無料シミュレーターであれば、自分の借金の案件にピッタリの弁護士を紹介してくれるので、もし費用やプランなどになっとく出来るようであれば、そのまま債務整理をお願いしても良いですし、納得出来なければそのまま断ればOKです。

 

弁護士に知り合いを持つ方は少ないです。そんな方でも安心して借金問題を専門にしている弁護士を探す事が出来るので、とてもお勧めです。

 

リボ払いの借金地獄…債務整理での解決事例

でも、実際に債務整理で借金が減ると言っても、どのくらい減額されるの・・・?そうお思いの方もいらっしゃると思います。
↓こちらは実際に任意整理(にんいせいり)を行った方の例になります。
リボ払い,借金返済,借金地獄

 

280万円あった借金が100万円に減額され、さらに13〜15%あった金利が0%になっています。(つまり膨れ上がる借金を止める事が出来ています。)クレジットカードのリボ払いの場合は、金利が15%〜18%と消費者金融とは異なるため、減額になる可能性はないですが、これからの利息金額を支払う事がなくなります。
つまり毎月借金が増える心配から開放され、自分のペースでゆっくりと返済していけば良いと言う事になります。

 

任意整理(にんいせいり)は、日本で一番利用されている債務整理だと言われています。自由にクレジットカード会社との債務を整理する事ができるので、債務整理をしたいクレジットカード会社と、そのままでも大丈夫な会社を選別するのも自由です。

 

任意整理を選んだ場合は、家財の処分は免れる事ができるので、持ち家や車などの資産はそのまま残す事が出来ます。

 

 

↓こちらは自己破産を選択した方の例になります。
自己破産は、借金を帳消しに出来るので、数千万円あった借金でも一気に0円にする事ができます。
リボ払い,借金返済,借金地獄

 

自己破産を選択する方は、少し規模が大きい借金をした場合になる事が多いです。もちろんクレジットカードのリボ払いでもありえることですが、それよりは倒産した会社の社長さんなど、多額の借金を背負ってしまった方が選ぶ場合がほとんどです。

 

自己破産は借金を0円に出来る代わりに、20万円以上の価値がある資材を処分しなければいけません。つまり家や車は処分されると言う事です。やはりそれなりのリスクを背負わなければいけません。

 

ご自身にあった債務整理方法を選ぶのが良いと思います。自己破産の場合は裁判所を通す事になるので、費用が高くなりやすいですし、そのへんも含めて自分の担当の弁護士さんと相談しながら債務整理を行うことが大事だと思います。

 

クレジットカードのリボ払いで借金返済をお考えの方は、ぜひ一度借金がどれだけ減額できるかだけでも確認してみるといいでしょう↓↓

 

 

>>『あなたの借金はどこまで減らせる?』匿名OKの無料相談はこちら